白井城
白井城:群馬県渋川市白井  室町時代から江戸時代初期の城  白井城 白井城探訪歴: 2011.10
白井城は15世紀前半、長尾景仲が築城。白井長尾家は戦国時代、上杉家・武田家・北条家の支配下となり翻弄された。天正18年(1590)秀吉軍(前田・上杉)に白井城を開城した。同年に本多広孝が白井領2万石を賜り白井城に入城。嗣子康重は慶長6年(1601)に岡崎藩5万石を賜り移封となった。その後、松平氏・井伊氏・西尾氏と城主が変わったが、元和4年(1618)本多康重の二男、本多紀貞が1万石で入封、寛永元年(1624)44歳で死去し無嗣絶家で白井城は廃城となった。源空寺に本多広孝、紀貞の墓がある。

白井城碑

<宿場町
白井城の城主、本多家菩提寺の源空寺         左)紀貞公 中)広孝公 右)広孝公室
江戸時代初期の白井城館跡(高齢者福祉施設等)
白井城三日月堀跡
白井城帯郭
白井城本丸跡
(群馬県渋川市白井)
中央を流れる白井堰や8つのつるべ井戸、道しるべ、土蔵造りの家並みなどが三国街道脇往還の宿場町として栄えていた頃の面影を残している。
 毎年八重桜の季節には、武者行列が名物の「白井宿八重ざくら祭り」が開催される。
(白井城の城下町)
Back
三国街道脇往還:白井宿