宍戸藩
宍戸藩:常陸(茨城)笠間市友部 松平家・水戸藩分家 家門 10千石【帝鑑間】子爵  ☆松平頼雄が1682年分与され宍戸藩に10代180余年在封
定府大名。 宍戸藩陣屋跡は宍戸小学校。 宍戸藩陣屋門。 宍戸藩の藩主墓所は瑞龍山。
 宍戸藩探訪歴:昭和63年4月探訪:袋田の滝も/平成19年3月再訪/同26年7月更新  宍戸藩
宍戸藩の移築陣屋表門/笠間市岩間
※一口メモ:@宍戸藩の藩主変遷: 慶長7年(1602)秋田家⇒廃藩⇒天和2年(1682)、松平頼雄が分地され宍戸藩が再立藩した。
A幕末維新時の宍戸藩:維新時の宍戸藩は大勢に順応し恭順した(宍戸藩からの出兵は40名)。

B幕末の水戸天狗党の乱で宍戸藩の9代藩主頼徳は水戸家の名代として幕命により鎮圧に当たったが失敗した。逆に、天狗党に加わり幕府軍と交戦した。幕府はこの責を咎め、元治元年(1864)、頼徳は切腹を命じられて宍戸藩は改易された。その後、宍戸藩は天領となったが、慶応4年(1868)、朝廷の計らいにより先代頼位(頼徳の父)の再襲が認められて再び宍戸藩は立藩した。
 松平氏は定府大名であったため、宍戸における政務は年貢を取り立てるのみで、実質的な藩政は本藩である水戸藩によって執り行なわれていた。
宍戸藩陣屋跡
宍戸藩松平家墓所の瑞龍山