宍倉城
宍倉城:茨城県かすみがうら市宍倉693-1   宍倉城探訪:2013.09
宍倉城は野田遠江守の支配下の城であったが、その後の文亀年間(1501~1503)には菅谷貞次が宍倉城主であった(菅谷氏は小田氏の有力な属将)。天正元年(1573)佐竹氏の攻撃を受けその軍門に降った。宍倉城は文禄4年(1595)佐竹氏の属将山田氏が城主となる。関ヶ原の戦い後の慶長7年(1602)佐竹氏の秋田転封で宍倉城は廃城となった(菅谷氏も秋田へ随身)。  宍倉城主の菅谷氏菩提寺の杲泰寺。                   △
                宍倉城案内板(県道118号)                          宍倉城本丸跡/畑地
右の林が本丸跡/宍倉城  左の崖上が本丸跡/宍倉城
         杲泰寺からの宍倉城(前方林の中)    
宍倉城主の菅谷氏菩提寺の杲泰寺と塁代墓   
Back