塩飽勤番所/しわくきんばんしょ
塩飽勤番所長屋門:入り母屋造り本瓦葺きの重厚な門 塩飽勤番所
塩飽勤番所:香川県丸亀市本島 塩飽勤番所探訪歴:2007.12探訪 丸亀港から船で35分
塩飽勤番所は、他に例の無い、島民による自治領を統治した政庁
 塩飽勤番所跡は、敷地450坪で敷地内には、入母屋造りの本瓦葺き主屋と、朱印庫、番人部屋などの付属建物がある。主屋は、塩飽の歴史資料館になっている。豊臣秀吉(塩飽水軍は豊臣秀吉の朝鮮出兵で活躍)や徳川家康からの朱印状や、高松藩と塩飽領の魚場争いの際に大岡越前守忠相らが署名した漁場の裁許書、
咸臨丸に乗船した塩飽水夫達(この時に乗船した水夫50人のうち、35人が塩飽出身者/勝海舟や福沢諭吉も乗船)の米国持ち帰り品等が展示されている。塩飽諸島は、秀吉、家康の朱印状により、1250石の領地を与えられた650人の船方衆が、明治に至るまで治めてきた土地柄である。船方衆は”人名”(にんみょう)と呼ばれた。人名の代表者、4人が名字帯刀を許された年寄で、自宅を役所とした。
 寛政元年(1789)、世襲による年寄に代わり、塩飽全島から3人の新年寄を入札で選出し、
寛政10年(1799)に塩飽勤番所が建築され、年寄が勤務することになった。明治初期には塩飽勤番所は本島村役場となった(塩飽勤番所顕彰保存会)。 
               塩飽勤番所のある笠島の町並みは電柱電線が無く、江戸時代の町家形式が色濃く残る/塩飽勤番所
                     専称寺と人名年寄り吉田家の墓は本島港と笠島町並みの中間にある(塩飽勤番所)
みかん山へ続く道側にて フェリーからの本島を望む  :本島ではレンタサイクルの旅
塩飽勤番所