菅谷城/菅谷館 
菅谷城/菅谷館:埼玉県嵐山町菅谷(現嵐山史跡の博物館周辺)   国指定史跡                         : 菅谷城探訪:2013.09
菅谷城は鎌倉時代に畠山重忠が築城した。保元・平治の乱以後、平清盛に仕え活躍した。源頼朝挙兵後は頼朝に仕えた。頼朝の死後の元久2年(1205)、畠山重忠は42歳で鎌倉北条氏に誅殺された。その後の菅谷城に、誰がいたかは定かではないが、戦国時代には小田原北条氏の勢力下で、
松山城の支城であったと思われる。 復郭式平城で、総面積13万㎡で、本郭やニノ郭や三ノ郭や空堀、土塁などその姿を残している。
菅谷城 
 畠山重忠公の墓:横浜市(武蔵国)保土ヶ谷区釜台公園内  2016.01参詣
                菅谷城、三の郭              菅谷城、二の郭(前方が本郭)
菅谷城跡碑  菅谷城の本郭へ
 二の郭と本郭の間の堀跡 菅谷城の本郭跡
菅谷城配置図 畠山重忠公の立像 
 本郭内で 
菅谷城主、畠山重忠公と郎党の墓/横浜市保土ヶ谷区釜台公園  
Back