杉山城 
杉山城:埼玉県比企郡嵐山町杉山     国指定史跡  杉山城探訪:2013.09
杉山城は戦国時代の山城跡で鎌倉街道を見下ろす丘陵の尾根上に10の郭を配置した縄張りとなっている。城主や築城年代は記録がなく不明だが、小田原北条氏方の松山城主・上田氏の家臣、杉山庄主水の居城であったと考えられる。北に越畑城・高見城、南に鎌倉街道を見下ろし、遠方に小倉山城を臨むという絶好の立地で、松山城と鉢形城を連絡する軍事上の重要拠点であったといえる。天正18年(1590)秀吉の小田原征伐で北条氏没後杉山城は廃城。 ☆登城:積善寺の墓地裏が大手口なので積善寺辺りに駐車 
              杉山城大手口から二の郭・本郭を望む          杉山城の屏風折りの二の郭・三の郭
 杉山城                杉山城の南二の郭
                  本郭を左にみて郭入口へ                 杉山城石碑
 杉山城本郭 右から本郭・南二の郭・南三の郭 
 
 杉山城縄張り図  
Back