洲本城
1510年、安宅河内守築城が始まりという 山頂の洲本城本丸の石垣 洲本城模擬天守
洲本城:兵庫県洲本市(淡路島) : 徳島藩(蜂須賀家)家老、洲本城代稲田家15千石           洲本城探訪歴:2008.11/2014.08更新
洲本城は三熊山の山頂にある戦国時代の山城。  金天閣。  洲本城の領主、稲田家菩提寺の江国寺。 
稲田騒動とは:明治3年徳島藩洲本城下で洲本在住の徳島藩蜂須賀家の家臣が城代家老の別邸等を襲った事件をいう。
 幕末、本藩側は佐幕派だが洲本稲田側(徳島藩洲本城の城代家老稲田家)は尊王派であり、その対立は深まっていった。そして明治維新後、徳島本藩の家臣は士族とされ、陪臣である稲田氏の家臣は卒族とされ、納得できず、自分達の士族編入を徳島本藩に訴えた。しかしその訴えは叶わず、洲本を中心に淡路を徳島本藩から分藩独立させて稲田氏を藩主とする洲本藩の設立を目指すようになり、明治新政府にも独立を働きかけていった(稲田側は幕末時の活躍によりすぐ認められると思っていた)。
 稲田側の一連の行動に怒った本藩側の一部過激派らが、明治3年、洲本城下の稲田家とその藩士らの屋敷を襲撃した。またその前日には徳島でも稲田屋敷を焼き討ちし、周辺にある稲田家の配地に進軍。これによる稲田側の被害は自決2人、即死15人、重傷6人、軽傷14人。投獄監禁された者は300人余り。焼き払われた屋敷25棟。
 政府は一部の過激派だけの単独暴動なのか、藩庁が裏で過激派を煽動していたのか調査した。少なくとも洲本では意図的に緊急の措置を怠った疑いがある。しかし下手な決着は、日本中に反政府の武装蜂起が起こりかねない。政府は慎重な対応を余儀なくされた。結局、政府からの処分は、徳島藩側主謀者10人が斬首(切腹)、八丈島への終身流刑は27人、81人が禁固、謹慎など多数に至った。徳島藩知事らも謹慎処分を受けた。しかし淡路洲本はは明治4年に徳島県から兵庫県に編入された。稲田側に対しては、北海道静内への配地と士族の身分を与えるとして移住開拓を命じ、家臣は北の大地へと旅立っていった。この移住開拓については映画、吉永小百合主演の「北の零年」でも描かれている。
洲本城の領主、稲田家累代のお墓がある、江国寺
江戸時代は三熊山の麓(洲本城の麓)に政庁や御殿が造られた     江戸時代の政庁跡には裁判所等がある/背後の山頂が戦国の洲本城
金天閣:1941年徳島藩主が麓の城内に建てた。書院造の御殿/八幡神社に移築      山頂の洲本城(跡)から洲本城下をのぞむ