墨俣城
秀吉の出世城
:模擬天守
 墨俣城は、織田信長の命を受けた羽柴秀吉が築城した城。
 斎藤道三の死後、美濃攻略に着手した織田信長は、美濃
 攻略の前線基地として墨俣城の築城に着手する。
 墨俣一夜城建築は1566年9月に2000〜3000人の(蜂須
 賀小六や)川並み衆を動員 して、木曽川上流から建築材
 を筏に組んで墨俣に運搬、堀と木柵 建てたというもの
 。築城は2,3日だったという。
         
 墨俣城が最後に歴史に名を記すのは天正12年(1584)4月
 で、小牧・長久手の戦いを目前にして当時美濃を支配して
 いた池田恒興の家臣伊木忠次が改修したとある。その2年
 後の天正14年(1586)6月、木曽川の大氾濫で流路が現在
 の位置に変わったので、墨俣は戦略上の重要性を失い、
 この地が城と して使われることはなくなった。

 
                                    墨俣城:岐阜県墨俣町                    墨俣城探訪歴: 2007.03探訪
墨俣城は現在、資料館となっている