駿府城
三保の松原
龍華寺庭園/清水
次郎長生家/清水
久能山東照宮/平成22年再訪:旗本久能陣屋探訪途次
駿府城
甲斐武田氏が天正10年(1582に織田・徳川勢力により滅亡し、甲斐・駿河の武田遺領は三河の徳川家康が領有した。徳川氏時代に駿府城は近世城郭として築城し直され、天正13年(1585に初めて天守が築造されたという。その後天正18年(1590には、秀吉による小田原征伐で北条氏が滅亡し、家康の関東移封が行われ、徳川領国と接する駿府城には豊臣系大名の中村一氏が入城した。
 江戸初期、、家康は秀忠に将軍職を譲り、大御所となり駿府に隠居した。このとき駿府城は天下普請によって大修築され、ほぼ現在の形である3重の堀を持つ輪郭式平城に改修された。しかし慶長12年(1607))に、完成直後の駿府城天守や本丸御殿などが城内からの失火により焼失した。その後直ちに再建された。慶長15年(1610))再建時の駿府城天守曲輪は、7階の天守が中央に建つ大型天守台の外周を隅櫓・多聞櫓などが囲む構造となった。
 元和2年(1616に駿府城で家康が没するまでの大御所政治時代、駿府は江戸と並武政治・経済の中心地として大いに繁栄した。
寛永10年(1633)駿府に
駿府城代を置き、東海道の要衝である当地の押えとした。駿府城代は老中支配で、駿府に駐在した大身旗本の職であるが、老中支配の中では最高位の格式を持ち、御役知2000石、江戸城では雁間詰めであった。また、慶安2年(1649)に設置された駿府定番は、駿府城代を輔ける副城代に相当し、駿府城代と同様に老中支配で、御役高1000石・御役料1500俵、芙蓉間詰めであった。
                             駿府城址(静岡)徳川将軍家・城代
 この日訪ねた所: 久能山東照宮は俄か雨 三保の松原  清水次郎長生家 龍華寺庭園    駿府城探訪歴:平成11年8月/同22年②