周匝陣屋/すさいじんや:戦国の茶臼山城
周匝陣屋跡の周匝保育所/当時の石垣
周匝陣屋(すさいじんや):岡山県赤磐市周匝  岡山藩家老池田家22千石                         周匝陣屋探訪歴:2008.03探訪
 周匝陣屋跡は周匝保育所  戦国時代の茶臼山城の麓に陣屋構築   周匝陣屋の歴代領主の墓は、新お塚と空のお塚 
 明治維新で武家階級は岡山へ     *11代230余年で明治を迎えた 
周匝陣屋跡前の道からみた町並 戦国時代の山城、茶臼山城:観光櫓 (末尾参照)
新お塚周匝陣屋初代領主と後期の領主歴代墓 陣屋のすぐ裏にある 空のお塚周匝陣屋2代から7代までの領主歴代墓 戦国の山城の2の丸
戦国時代の山城、茶臼山城:茶臼山城の築城時期は、天文年間(1532-1555)のはじめ頃、浦上宗景に従う笹部勘次郎とされる。この城は、宗景の拠る天神山城の北方7Km所にあり、天神山城の上流を守る拠点としての存在価値があった。
 天正7年(1579)にもともと浦上家家臣だった宇喜多直家が美作に侵攻してきた(
下剋上)。浦上宗景の傘下であった笹部氏は、反宇喜多連合戦線を結成した。美作の領国化をもくろむ宇喜多直家は、まず反宇喜多連合の最前線に位置するこの茶臼山城を攻撃した。宇喜多勢の前に茶臼山城はあっけなく落城し、宇喜多氏は美作東部を領国化した。 歴史は下がって、宇喜多氏は慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで西軍に与し領地没収し断絶。 

<一国一城以外の城