須坂藩:須坂陣屋 
須坂藩の陣屋跡、須坂小学校 須坂藩の陣屋、移築奥付門:E酒造場の店舗
須坂藩/須坂陣屋:信濃(長野)須坂市 堀家・村松藩分家 外様 10千石【菊間】子爵  ☆堀直重が1615年入封し須坂藩を立藩、14代250余年在封
須坂藩の陣屋跡は須坂小学校 移築奥付門 鐘楼  須坂藩堀家菩提寺の興国寺&墓所H17.09参詣        
須坂藩探訪歴:平成9年7月探訪/同17年9月再訪/同26年7月更新  須坂藩の宗藩は村松藩3万石 別家は椎谷藩1万石
須坂藩、鐘楼               須坂藩の城下町並み
須坂藩堀家菩提寺の興国寺&藩主廟所(13代藩主)&墓所
※一口メモ:@須坂藩堀家とは:信濃と下総で8千石を知行の堀直重が大阪の陣の軍功で加増を受けて元和元年(1615)諸侯に列して、須坂藩を立藩した。須坂藩堀家は安土桃山時代の武将、堀直政の3男直重を家祖とする。兄、直寄は村松藩、弟直之は椎谷藩祖となる。
A幕末維新時の須坂藩:須坂藩の藩主、直虎は(幕府で若年寄兼外国奉行)慶応4年、徳川家の方針を決定する御前会議で、自説が不採用になった為、江戸城中で切腹した。直明が継ぐと恭順を示し、須坂藩は信州諸藩とともに越後・会津へ転戦した(須坂藩から231名出兵、8名戦死)。戦後、論功行
賞で須坂藩は賞典禄5千石を賜った。