諏訪原城 
諏訪原城:静岡県島田市金谷            諏訪原城探訪:2014.10
国指定史跡 形式は平城。 天正元年(1573)、武田勝頼は遠江侵攻の拠点とするために、家臣の馬場美濃守信房に命じて牧之原台地に城を築いた。(城内に諏訪大明神を祀ったことから諏訪原城といわれた)。諏訪原城は、駿河から遠江へ入る要衝の地にあり、高天神城(掛川市)攻略のための陣城として、攻略後は兵站基地としての役割を担った。天正3年(1575)、徳川家康により諏訪原城は落城した。その後、徳川家康が関東に転封したことから、天正18年(1590)に廃城となった。    
 
 諏訪原城の全景  諏訪原城大手南の外堀跡
   
 諏訪原城の丸馬出  二の丸曲輪/諏訪原城
   
 本丸曲輪/諏訪原城  本丸天守台
 
 カンカン井戸/諏訪原城  壁立の堀
 Back諏訪原城