庄内藩:鶴ケ岡城(徳川四天王の城址)
加藤忠広の墓

有名人の墓へ

庄内藩の酒井氏庭園
庄内藩の城下、明治維新後の洋館
※一口メモ:@鶴岡市(庄内藩)と鹿児島市(薩摩藩)の姉妹都市のいわれ:幕末の戊辰戦争時、庄内藩は会津藩とともに新政府軍の攻撃の的になったが、17万石の領地を没収、岩城平への移封を命じられたが、結局は、改めて庄内藩酒井家に12万石を下賜(5万石削減)された(戦死は69名・以外と少ない?)。これは西郷隆盛(薩摩藩)の配慮があったという。その縁で姉妹都市となる。 鶴岡市役所前には西郷隆盛のモットウの<敬天愛人>大石造碑文がある。
A三方領地替:庄内藩の酒井家を長岡藩へ、長岡藩の牧野家を川越藩へ、川越藩の松平家を庄内藩へ、転封させるよう命じた。しかし江戸に農民代表が越訴し領地替えは取りやめになった。この際、農民代表にもお咎めは無かったという。
B庄内藩の財政を支えた本間家のある酒田の町を訪ねよう。
庄内藩の藩校、致道館
庄内藩酒井家菩提寺の大督寺廟所
庄内藩/鶴ヶ岡城:出羽(山形)鶴岡市 酒井家 譜代170千石【溜間閣】伯爵  酒井忠勝が1622年に庄内藩に入封し11代240余年在封
  致道館 致道館庭園  明治の建造物  庄内藩酒井家菩提寺の大督寺 
 中老1000石の菅庭園   加藤忠広の墓    最上川向いは酒田の町
庄内藩酒井家の別家として ・姫路藩150千石ー伊勢崎藩20千石
    ・小浜藩103千石ー勝山藩12千石ー敦賀藩10千石 
 庄内藩探訪歴:平成10年春探訪/平成20年8月/平成27年5月B 庄内藩  庄内藩の支藩:出羽松山藩25千石  
加藤忠広:肥後熊本藩54万石の藩主、加藤忠広(加藤清正の子)は1632年に突如、罪に問われて、改易となり庄内に配流となった。
       忠広実母の正応院、家臣20名と家族、医師、侍女からなっていた。庄内の内、丸岡領1万石が与えられた。
       1652年死去、享年57歳、鶴岡市三光町の本住寺に母親と眠る
幕末の庄内藩の中老千石宅 :凛としたお茶の先生で、明治維新時に長州でなく薩摩が来襲してくれて本当に良かったと抹茶をすすめ何回もお話をしてくれた(小生は薩摩人)

藤沢周平文学の城下町

鶴ケ岡城は石垣の少ない土塁の城址/庄内藩