ベンガラの里、吹屋
   (岡山県高梁市成羽町吹屋。成羽陣屋&布賀代官所探訪途次に寄る。2013.05.)
ベンガラ(弁柄)とは銅山から産出される硫化鉄鉱を原料とした赤色の着色材のことで、吹屋のベンガラは伊万里焼や九谷焼などの陶器、輪島塗などの漆器などの塗料として、高級品として高価で流通した。
 また、防虫防腐、防錆効果があり建築の材料にも用いられたベンガラは、吹屋の町の建物にも使用され、町全体がベンガラの赤一色に染まっている。
Back
久しぶりに燕を見る。                土産に箒を買う。
吹屋小学校は明治6年発足。明治33年(1900年)に木造平屋建ての東校舎、西校舎が竣工。明治42年に木造二階建ての本校舎が落成した。1999年には100周年を迎え修復工事が行わた。現在、現役として使われている校舎としては日本最古の校舎。      ↑↑    
国指定重要文化財指定。片山家は屋号を胡屋といい、吹屋きっての豪商で本格的弁柄創業宝暦9年(1759年)以来、二百有余年、弁柄製造に携わりました。
吉岡鉱山とベンガラの製造が盛んだった江戸末期から明治時代に形成された町並み。当時のベンガラ業の旦那衆が相談し、島根の石州大工を呼んで、桜、檜、杉、欅、栗などの高級木材を使用し家を建て直した。木材にはベンガラを塗り込み、瓦に赤茶色の石州瓦が特徴的な家々が建ち並ぶ。