大原宿 
大原宿:岡山県美作市大原                                                           大原宿探訪:2013.10 
 
この大原の地は播磨・因幡・美作と三国を結ぶ交通の要衝でもあったため 古くから宿場町として栄え、近世末期(1846年)頃の資料によると、この大原宿には本陣・脇本陣をはじめとして14軒の旅籠があり、特に鳥取藩主(32万石) 池田侯が参勤交代の途中宿泊に利用し、その行列は700人程度の人数でした。歴史的に重要な役割を果した因幡街道の面影を、今もなお遺している宿場町。 大原本陣は、主に江戸時代の鳥取藩三十二万石・池田候の宿場として利用されたものであり、数奇屋造りの御殿と御成門が、今もなおその姿をととどめております。脇本陣には、 大原では唯一の長屋門がある。
 
                            大原宿本陣                                       脇本陣長屋門 
 
田中酒造  / つるし柿
 
屋根に突き出た「煙だし」・明かりとりの「ムシコ窓 」・「ナマコ壁」・「式台」のある家
 
 街道から脇道をのぞく  蛍が棲息する吉野川
 
大原宿から10分、宮本武蔵の生家跡を訪ねた
 Back