島田宿/東海道
島田宿/東海道:静岡県島田市  2014.10散策/諏訪原城の探訪途次 
吉三郎の墓(八百屋お七の恋人) 
 八百屋お七の恋人、吉三郎の墓は島田宿の関川庵にある  
 お七は、本郷八百屋八兵衛の一人娘であったが、火事避難先で寺小姓の吉三郎と知り合い恋仲になった。帰宅後、逢いたい一心でつけ火をした。しかし、放火犯で捕らえられ、引き廻しのうえ、天和3年(1683)品川鈴が森で火あぶりの刑にされた。16歳だったという。 島田の大井川川越遺跡町並の街道から少し離れたところに、小さな「関川庵」があり、その境内に吉三郎の墓石がある。お七の恋人だった吉三郎は、火あぶりになったお七を弔う旅を続けていたが、この島田宿で病死したという。
 
 Back                      有名人の墓へ
 天保14年(1843)の記録では、島田宿の規模は東西9町40間、家数は1,461軒、人口は6,727人とかなり大規模な宿場町であった。本陣3軒・脇本陣なし・問屋1軒・旅籠48軒(大6・中7・小35)、宿はずれの大井川端には川合所と川高札場があった。これらは復元されている。川越し人足の数は、初め、島田、金谷でそれぞれ350人と決められていましたが、幕末には650人を超えていたという。
 渡渉時間も明け六つ(午前6時)から暮れ六つ(午後6時)までと厳格に定められていた。また川が雨などで増水すると川留めになり、解除されるまで旅人は宿場町で何日間も足止めを食らう。当然旅費もかさんだ。島田宿の対岸の宿場町は金谷宿で、蒸気機関車で知られる大井川鉄道の始発駅です。大井川に橋が架けられるのは明治12年、少し下流に全長897mの木造の蓬莱橋が最初の橋でした。
大井川堤防から見た島田宿                           箱根八里は馬でも越すが 越すに越されぬ 大井川                        
川会所
島田宿の町並