鞆の浦 :岡山県福山市鞆の浦
万葉の昔から栄えてきた瀬戸内海の要港・鞆の浦。広島県福山市の南・沼隈半島の先端に位置するこの町は、「潮待ちの港」として、江戸時代にも大いに栄えた町。朝鮮通信使や千石船の寄港地として日本経済の要を担ったこの鞆の浦には、江戸時代から残る常夜燈などの港湾施設や寺社・町家が、見事に保存されている。また、坂本龍馬の海援隊の「いろは丸」を鞆の浦沖で沈没させられたとして賠償金交渉を行った舞台にもなった事で知られている。
鞆の浦は道幅が狭くくねくねしているので市営駐車場を利用する事。                        (2013.05散策/神辺城・福山城探訪途次)
Back