海野宿/北国街道
北国街道 海野宿 : 長野県東御市    (海野宿散策歴2009.10百瀬陣屋探訪途次)
海野宿は300mぐらい続いている大きな宿場町
海野宿は重要伝統的建造物群保存地区に指定されている町。 
 寛保2年(1742)の大洪水で田中宿は大きな被害を受け、宿場の役割を果たすことができなくなり、海野宿へ宿駅の機能が移ってきたので、宿場の形態を整え、本陣の両側に脇本陣をおき、伝馬屋敷や旅篭が建ち並ぶ町並ができあがった。
 延享3年(1746)の絵図面には、東枡形から西枡形まで5町25間(約590m)の長さであった。宿は東から上宿・中宿・下宿の3宿に分かれ、中宿にある本陣前には高札場が設けられていた。町並みの東端には白鳥神社と地蔵寺が並び、真ん中の川を挟んで北屋敷と南屋敷が並んでおり、北屋敷側には番屋・本陣・脇本陣を含め家数が43軒、南屋敷には61軒の家並みが続いていた。
海野宿でのお土産は取り立てのリンゴ