田原藩:田原城
田原藩/田原城:三河(愛知)田原市 三宅家 譜代 12千石【帝鑑間】子爵 三宅康勝が1664年に田原藩に入封し12代200余年在封 
 渡辺崋山幽閉宅/崋山菩提寺の城宝寺 田原藩三宅家菩提寺の霊厳寺
    平成7年5月探訪:伊良子岬/14年3月:伊勢神宮/18年08再訪B/26年7月更新
                                      田原藩の田原城
平成年14年3月は桜の田原城(址)/伊勢湾フェリーで伊勢神宮へ/ 田原藩
                                         渡辺崋山の墓 
             渡辺崋山幽閉住居/田原藩                                宝城寺の崋山墓/田原藩
渡辺崋山:(1793年-1841年)田原藩家老1200石、文人画家。「外国船打払い令」により”米国船モリソン号”を砲撃し、退却させた事件があった。崋山は「慎機論」を執筆し、慎重論を唱えた。これにより「蛮社の獄」に連座し、蟄居の命を受け池の原屋敷にて自刃した。
            田原藩三宅家菩提寺の霊厳寺                           田原藩の歴代藩主の墓
 ※一口メモ:
@田原藩の藩主変遷:池田家→戸田家→1664年、三宅家が挙母から田原藩に入封し藩主家が定着

A幕末維新時の田原藩:維新時の田原藩は早くから恭順し京都守衛、東海道人馬兵の輜重の任にあたった。
B田原藩三宅家とは:三宅家は備前国の児島高徳の後裔である。三宅政貞の代から徳川家に仕えた。家康の関東移封後に武蔵に5千石拝領。慶長9年(1604)、三宅康貞が1万石で挙母藩で諸侯に列した。元和5年(1619)、伊勢亀山藩に転封し寛永13年(1636)、挙母藩に再封した。そして寛文4年(1664)に田原藩に入封した。   
                                                 (有名人の墓へ)