平藩:平城
平藩 /平城 :陸奥(福島)いわき市 安藤家 譜代 30千石【雁間】子爵      ☆安藤信成が1756年に平藩に入封し7代110余年在封
  平城址はJR駅の裏側高台 石垣の一部のみ 平藩安藤家菩提寺の良善寺    <平藩安藤家の藩祖の兄系統が紀伊田辺藩38千石>
坂下門外の変・老中安藤信正の城 平藩          平藩探訪歴:平成8年5月探訪/同17年4月再/同26年6月更新 平藩
※一口メモ:@ 平藩の藩主変遷:岩城家(収公)→鳥居家→内藤家→井上家→1756年、安藤家が加納から平藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の平藩:維新時の平藩は、「坂下門外の変」で蟄居となり平らに隠居していた信正が、積極的に奥羽越列藩同盟に与し戦ったが、新政府軍の攻撃の前に落とされ退却し後に降伏した。平藩の最後の藩主、信勇は京都からの帰途で戊辰戦争になった。戦後、平藩は陸中への転封が一時決まったが、信勇の工作で7万両の償金を支払い転封は免れた。    
平藩の江戸の菩提寺、栖岸院のお墓も良善寺に改葬した
平藩の平城に残る石垣と堀
平藩、平城址
平藩安藤家菩提寺の良善寺(戊辰戦争時の銃弾の穴が門板に残る)