高田藩/(高田城は家康の6男忠輝が1614年築城(1616年改易、1683年配流先の諏訪高島城で死去92歳 )
姫路城下にある書写山円教寺:徳川四天王の榊原家は姫路に2回移封された。前期の政房公、後期の政祐公の墓  H20.11
五智国分寺
高田城の堀に咲いている蓮花
高田藩/高田城: 越後(新潟県)上越市 榊原家 譜代 150千石【溜間】子爵  高田藩 平成9年7月探訪、同12年5月・同22年8月再訪
東洋一の蓮 春日山城址  五智国分寺  高田藩榊原家菩提寺の林泉寺(政岑公)。姫路の円教寺(政房・政祐公)そして霊厳寺/江東区の累代墓 
榊原家は徳川四天王: 館林藩→ 白河藩→ 姫路藩→ 村上藩→ 姫路藩→1741年、高田藩に入封し6代約130年在封       
高田藩の藩祖、康政の兄、榊原清政は交代寄合1800石で久能山東照宮守護
高田藩、三階櫓(復興)
高田藩榊原家菩提寺、林泉寺と政岑の墓(高田藩祖の父で姫路藩15万石城主)

※一口メモ:@高田藩の藩主変遷: 堀家除封→松平忠輝(家康6男・除封)→酒井家→松平家(結城系)→松平光長家除封→廃藩→稲葉家→戸田家→松平家(久松)→1741年、榊原家が姫路から高田藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の高田藩:維新時の高田藩は佐幕、勤王のどっちつかずの態度であったが、奥羽追討の勅令が下りると新政府軍の基地となった。高田藩は長岡、会津へ1085名出兵、85名戦死し良く戦った。戦後の論功行賞でも高田藩は賞典禄1万石賜った。  

江戸の高田藩榊原家菩提寺、霊厳寺/江東区と合葬墓 H18.04