高松藩:高松城
高松藩/高松城:讃岐(香川)高松市 松平家・水戸藩分家 家門120千石【溜間】伯爵  ☆松平頼重が1642年、高松藩に入封、11代226年在封
現存の高松城良櫓・月見櫓   栗林公園/門前の「たらいうどん」   高松藩松平家菩提寺の法然寺
高松藩探訪歴:昭和49年9月探訪/平成10年/同19年12月B/同26年6月更新 高松藩 
※一口メモ:@高松藩の藩主変遷:生駒家⇒廃藩⇒寛永19年(1642)、松平(水戸)頼重が下館から高松藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の高松藩:維新時の高松藩は佐幕的で蛤御門の変や長州征伐などに出陣し、鳥羽伏見の戦いでも伏見へ出兵したが形勢不利をみて兵を高松に戻した。その後、高松藩は
2家老が切腹し城を明け渡し、10万両を献金するなどして、尊王の意を示し、会津へ出兵した(高松藩の出兵500名)。
B高松藩の異才は平賀源内である(最終的には永のお暇となった)。 
C高松藩松平家とは:水戸徳川系である。高松藩の藩祖、頼重は水戸藩主、頼房の嫡子であったが水戸藩は二男の光圀が継いだ。従って頼重は下館藩に入封、それから高松藩に入封した。 
                                              
高松藩松平家の菩提寺、法然寺   <琴電で ゆられて着いた 法然寺 H10>
高松藩栗林公園
高松藩の城下、上町界隈に残る町屋
高松藩、高松城天守台
高松藩、高松城月見櫓
高松藩、高松城良櫓