備中高松城
備中高松城:岡山県岡山市高松
備中高松城は羽柴秀吉の水攻めで城を水没させる戦で有名。作戦中に、織田信長殺害の明智光秀の密使(毛利家への)を捕らえた。急遽、毛利方と和議し、備中高松城の城主の清水宗治は切腹。秀吉は超スピードで山崎に戻り、光秀と天王山の決戦で光秀を滅ぼし天下を取る。  
備中高松城探訪歴:昭和54年探訪:平成17年9月再訪は兵庫県上月の和田さん宅への途次:同20年2月B
旗本陣屋 >
平成20年は、吉備津神社や雪舟の涙で画いた鼠の絵で勇名な宝福寺も訪ねた
歴史は下り江戸時代の備中高松城址は、旗本、花房家7220石の旗本陣屋跡。妙玄寺は花房家の菩提寺でもある。
花房家は戦国時代は宇喜多家に仕え、武功をあげ家老の列に加えられた名門(従弟の花房家は袋井市小山で5000石)。
職之-職則-職利-職重-職攻-職勝-職時-職朝・・・職居と15代で明治を迎えた。 この家は駿府城代、大番頭、関東郡代、鑓奉行を務めた
備中高松城主清水宗治の辞世は 【 浮世をば、今こそ渡れ、もののふの、名を高松の、苔に残して 】
備中高松城址(碑)からほど近いところにある妙玄寺境内にある城主、清水宗治のお墓・・・平成20年2月吉備津神社途次参