高鍋藩:高鍋城
高鍋藩/高鍋城: 日向(宮崎)高鍋町 秋月家 外様 27千石【菊間】子爵 ☆秋月種長が1600年、本領安堵され高鍋藩が成立、10代270余年在封
高鍋城址は舞鶴公園や農業高校  高鍋藩秋月家菩提寺の大龍寺跡の累代墓所  家老屋敷  高鍋藩の明倫館の書庫蔵    
高鍋藩探訪歴:昭和49年12月帰省途次に探訪/平成8年10月母17回忌再訪/同18年再訪B(三五会24名屋久島登山)/同26年7月更新 高鍋藩
高鍋藩家老の黒水家屋敷       高鍋藩の城下、武家屋敷の佇まい
高鍋藩の明倫館(藩校)の書庫蔵/高鍋図書館敷地 高鍋藩秋月家墓所の大龍寺跡//明治初年の廃仏毀釈で廃寺
高鍋藩:高鍋城
※一口メモ:@江戸時代の名君の一人、米沢藩主の上杉鷹山は高鍋藩6代藩主種美の二男である。
A幕末維新時の高鍋藩:維新時の高鍋藩はいち早く恭順を誓い、薩摩藩・佐土原藩とともに彰義隊や東北戦線を転戦した。高鍋藩の出兵は343名で15名戦死した。その後の論功行賞では高鍋藩は
賞典禄8千石を賜った。