高崎藩:高崎城
 徳川忠長の墓
徳川 忠長:(1606年〜1634年) 第2代将軍徳川秀忠の三男。領地が主に駿河国であったことから、通称は駿河大納言。 三代将軍の座を巡る争いでは、春日局による家康への直訴により、竹千代派(三代将軍家光)の勝利で終わる。 元和4年(1618)、甲府藩23万8000石を拝領し、甲府藩主となる。のち小諸藩も併合されて領地に加えられた。寛永元年(1624年)、駿遠甲の計55万石を領有し、家光に迫る権力を有した。
 寛永8年(1631年)に、不行跡(家臣1名もしくは数人を手討ちにしたとされる)を理由として甲府蟄居を命じられる。その際、秀忠側近の崇伝らを介して赦免を乞うが許されず、寛永9年(1632年)の父、秀忠の危篤に際して江戸入りを乞うたがこれも許されなかった。秀忠死後、改易となり、領国全てを没収され、上野国高崎藩へ逼塞の処分が下された。寛永10年(1634年)、幕命により高崎藩の城下にある大進寺において自刃した。享年28歳。

※一口メモ:@高崎藩の藩主変遷: 井伊家→酒井家→戸田家→松平家→安藤家→松平家(大河内)→間部家→1717年、松平家(大河内)が村上から高崎藩に再封し藩主家が定着した。
A幕末維新時の高崎藩:維新時の高崎藩は、西に向かう水戸天狗党との戦い、小栗上野介の捕縛という難事ににあたり、難渋したが、新政府軍へ恭順していった。高崎藩の出兵は620名、戦死は4名、
献金1万両(小栗に反逆心なしと捕縛を躊躇した事があだとなった)で許された。

                                       有名人の墓>  
高崎藩/高崎城上野(群馬)高崎市 大河内松平家・吉田藩分家 譜代 82千石【雁間】子爵 ☆松平輝貞が1717年、高崎藩に入封10代150年在封
高崎城乾櫓  高崎城東門   高崎藩大河内松平家の菩提寺の平林寺&藩主墓所/埼玉  大信寺/徳川忠長の墓(秀忠の三男)
高崎藩探訪歴:昭和60年5月探訪/平成9年11月再訪A:伊香保温泉慰安会途次/同25年4月B  高崎藩
高崎城東門
徳川忠長の墓(通町の大信寺)
高崎藩松平家(大河内)菩提寺の平林寺/埼玉と墓所群
   
   
   

高崎藩::高崎城乾櫓