高島藩/高島城 
 高島藩/高島城: 信濃(長野)諏訪市 諏訪家 譜代 30千石【帝鑑間】子爵  ☆諏訪頼水が1602年に高島藩に入封し10代270余年在封
高島城移築城門・三の丸御殿裏門  高島藩諏訪家菩提寺の頼岳寺・温泉寺  昭和60年9月探訪/平成17年7月B:霧ケ峰日光キスゲ/同27年9月再訪C 

和泉式部
(978年〜没不明)
  
  *平安時代中期の歌人
  
  *二度の夫と和泉国や丹後
    国に下る。
  
  *宮廷での華やかな生活
  
  *恋歌に秀歌が多く36歌
    仙の1人
  
  *墓はここ高島藩諏訪家菩提寺
    の温泉寺
以外に数ケ所ぐらい
   ある



 あらざらむ
  この世のほかの
     思い出に
 今ひとだびの
   逢うふともがな
  高島藩諏訪家菩提寺の頼岳寺と高島藩初代藩主頼水廟所
 高島藩諏訪家菩提寺の温泉寺と高島藩2代藩主忠恒廟所、それ以降の歴代藩主石墓群
平成9年4月 桜満開の高島城、高島藩
諏訪大社下社秋宮/高島藩
高島藩三の丸御殿裏門
※一口メモ:
@高島藩諏訪家とは:諏訪家は足利時代から続く信州四名族の一家である。嫡流は武田信玄に討たれたが、傍流が宗家を継ぎ家康に仕えた。その後、加増を重ね慶長6年、本領諏訪の地を賜り高島藩を立藩した。
A諏訪藩高島城の築城:中世、諏訪氏は現市街地北方にある茶臼山に高島城(茶臼山城)を築いて居城とした。天正18年(1590)、当時の諏訪領主諏訪頼忠が徳川家康の関東転封に従って武蔵国へ移った後、豊臣秀吉の武将日根野高吉が諏訪藩2万7千石で入封した。高吉は安土城や大坂城の築城にも携わった築城の名手。文禄元年(1592)に高島城の築城に着工し慶長3年(1598)まで7年ほどかかって築城した。その後、関ヶ原の戦い、慶長5年(1600)で徳川軍に属した諏訪頼水(頼忠の子)は、慶長6年(1601)に旧領諏訪に帰り高島藩の藩主となり、以後、10代270年間、諏訪氏の居城としてその威容を誇った。
B幕末維新時の高島藩:幕末の高島藩は水戸天狗党と戦ったりしたが、のち恭順して、会津戦では会津領只見村へ出兵した。高島藩は300名出兵し、戦後の論功行賞で賞典金2千両賜った。
                                            有名人の墓>     
和泉式部の墓
高島藩、高島城の移築城門/温泉寺