高須藩:高須陣屋
高須藩松平家菩提寺、行基寺と高須藩歴代藩主の墓:今回は石垣崩壊恐れの為お墓に入れず
高須藩/高須陣屋:美濃(岐阜)海津市 松平家・尾張藩分家 家門 30千石【大広間)】子爵  ☆松平義行が1700年、高須藩に入封14代160年在封
高須藩の陣屋跡は高須小学校辺り    高須藩松平家菩提寺の行基寺      薩摩義士の円成寺/13人割腹  
高須藩探訪歴:平成9年9月探訪:近鉄石津駅から町営バス150円/同19年3月再訪/同26年7月更新  高須陣屋
円成寺:宝暦年間の濃美3川治水工事で夥しい工事費を出し、責任を取り割腹した薩摩藩士13名の墓/南濃町治水工事全体で40万両の出費と60数名の薩摩藩士の割腹をみた難工事であった。 郷里の先輩に頭を垂れる。(高須藩)。
※一口メモ:@高須藩の藩主家変遷:徳永家除封→廃藩→小笠原家→元禄13年(1700)、松平義行(尾張藩主、光友の二男)が領地を美濃に移され高須藩に入封し藩主家が定着
A維新時の高須藩:維新時の高須藩は宗藩の尾張藩と行動を共にした。東山道鎮撫軍に加わり輜重役を受け持った(高須藩からの出兵は390名)。
                                               
高須藩の陣屋説明板
       高須藩城下の唯一の武家長屋門/保存が急がれる H19.03
高須小学校の2本松(高須藩の藩校、日新堂時代の文久年間に植樹)