高天神城
高天神城:静岡県掛川市上土方           戦国のロマン  高天神城探訪歴:平成11.04探訪/同22.04再訪
高天神城は武田勝頼と徳川家康の攻防城址:天正2年6月、攻防の末、城は徳川方から武田方に落ちた。その時、大河内政局はとらえられ石窟に幽閉された(武田方の城番、横田尹松は義を感じて殺さず幽閉した)。天正9年3月、徳川方が高天神城を奪還し、政局を発見し救出した。尚、政局は長久手の戦いで討死した。横田氏は、後に徳川家の直参旗本9500石で幕末を迎えた。  (高天神城(址)から”台風情報”でよく聞く御前崎もみえる)
山頂にある高天神城本丸跡等
駐車場から高天神城(址)を眺める

高天神城からの眺め

篭城に備えての水場の確保、高天神城
8年間閉じ込められていた大河内政局の石窟、高天神城