高徳藩:高徳陣屋
高徳藩/高徳陣屋:下野(栃木)日光市藤原、高徳  戸田家・宇都宮藩分家 譜代 10千石【菊間】子爵 
 高徳藩の陣屋跡は戸田大和神社  高徳藩探訪::平成9年9月探訪/13年11月再訪/同26年8月再訪 
高徳藩は宇都宮藩家老の間瀬和三郎が山稜修補で活躍し、大和守に叙任され戸田忠至となり慶応2年(1866年)に諸侯に列し立藩したもの。忠至、忠綱と2代在封   高徳陣屋のありかを探すのに苦戦した。 高徳藩の陣屋は戊辰戦争で土方歳三等により焼失した 
高徳藩陣屋跡と陣屋遠望
ライン下り下船場(H13.11):右側が高徳藩の陣屋跡  高徳藩、戸田忠至(右)、忠綱(左)2代の墓 2006.02参詣 谷中 
※一口メモ:幕末維新時の高徳藩:高徳藩は、宗藩の宇都宮藩と行動を共にし、新政府軍に恭順した(高徳藩からの出兵は25名)。