高富藩:高富陣屋
※一口メモ
@桂昌院は5代将軍綱吉の生母。この母の為に綱吉は悪法の「生類憐れみの令」を作り庶民を泣かした。高富藩本庄家は桂昌院の兄系統(弟系統は丹後宮津藩7万石)。 高富藩本庄家は桂昌院の兄、本庄道芳を家祖とする。慶安元年(1648)に徳松君(後の将軍綱吉)に仕え千俵、寛文元年(1661)に美濃・下野で4千石、宝永3年(1706)に綱吉付き小姓の本庄道章が美濃に6千石加増され諸侯に列し、高富藩を立藩した。
A幕末維新時の高富藩:幕末の高富藩の藩主は幕府奏者番であったが、辞して早々帰国して恭順し出兵した(高富藩から25名出兵)。
桂昌院の墓(真ん中)と宮津藩の歴代藩主改葬墓
高富藩本庄家累代のお墓 H17.01参詣 
定府大名の城下は、面影皆無が多い/高富藩
高富藩本城家菩提寺の法受寺は関東大震災後、現在地に移転。 
高富藩/高富陣屋: 美濃(岐阜)山県市高富 本庄松平家・宮津藩分家 譜代 10千石【菊間】子爵
  定府大名。  高富小の北側の美里会館に高富藩の陣屋碑。   高富藩本庄家菩提寺の法受寺/東京足立区H17.01参詣。  高富藩 
本庄道章が1709年に居を移し高富藩が成立、10代150余年在封  高富藩探訪歴:平成8年10月探訪/名鉄バス30分/同19年3月再訪/同26年7月更新

有名人の墓>