高取藩/高取城
高取藩/高取城:大和(奈良)高取町 植村家 譜代 22千石【帝鑑間】子爵     ☆植村家政が1640年に高取藩に入封し14代約230年在封
高取城は584mの山上にある。 高取城二ノ門/子鳴寺。 武家屋敷。 高取藩領主植村家菩提寺の宗泉寺&墓所。 江戸時代の街並。  高取城の麓に有る壷坂寺。 高取藩領主植村家の江戸菩提寺は養玉山如来寺(現代の方々の墓もある)/東京品川区(平成24年5月参詣)。   
三大山城(他は、美濃岩村城・備中松山城) 平成2年12月探訪:飛鳥を散策/同9年秋再訪紅葉A/同28年4月再訪Bの吉野山
 

/高取藩

桜の高取城は霧雨
紅葉に映える高取城の石垣/高取藩
城下町特有の街並みが続く
  高取藩の武家屋敷 

※一口メモ:
@高取藩の藩主変遷:本多家無嗣絶家→廃藩→9千石の大番頭植村家政が加増されて諸侯になり、高取藩として立藩した。
A高取藩が脚光を浴びたのは
幕末の天誅組との戦いであった。土佐浪士吉村虎太郎等過激な尊王攘夷論者が、吉野十津川郷士と共に天誅組を結成し、孝明天皇大和行幸に先立って、大和五条代官所を襲撃し倒幕の第一声を放った。(天誅組の行動は武力による倒幕の嚆矢として後世に評価されて入る)。  高取藩は植村氏入封の時、3代将軍家光より吉野の押さえの任務を与えられた。士卒一丸となり城門の備えをきびしく、鳥ケ峰に巨砲ブリキトースを据え、国府神社周辺に鉄砲隊、槍隊を伏せ迎撃体制を整えた。天誅組、1000余人が鳥ケ峰に攻め寄せてきて、高取藩は巨砲ブリキトースを一弾撃ち放ったところ、天誅組は破裂弾に驚き総崩れとなった。再度夜襲を決行したが、迎え撃ち撃退した。
B維新時の高取藩:慶応4年、鳥羽伏見の戦いの時は藩主は江戸に在ったが、国許高取藩の藩士は京都警備に当っていた。

C高取城(海抜584m)とは:高取城は南北朝時代に越智氏によって築かれた。その後、高取城は、越智氏の支城として、越智氏の本城貝吹山城と常に連携を取っていた城である。
 天正8年(1580)、織田信長の大和国一国一城令により高取城は一端廃城となったが、天正12年(1584)には筒井順慶が、高取城を大和郡山城の支城として復興した。天正13年、筒井氏は伊賀上野へと移され、大和・和泉・紀伊三国は豊臣秀長が領し、高取城へ本多正俊が入った。
 秀長は、居城大和郡山城の大改修と共に、支城の高取城も近世城郭へと改修した。本多氏は、秀長家断絶後、15千石を領して大名となったが、寛永14年(1637)、本多利家に嗣子無く断絶。 寛永17年(1640)に植村家政が高取藩に入封した。
  
                           <幕末275藩        <小さな城下町          

高取藩植村家菩提寺&墓所の宗泉寺
高取藩領主植村家の江戸菩提寺は養玉山如来寺(現代の方々の墓もある)/東京品川区(平成24年5月参詣)。   
現在も植村氏が住む
高取藩、高取城二ノ門(移築)

高取藩、高取城石垣