高遠藩:こひがん桜の高遠城
高遠藩/高遠城:信濃(長野)伊那市高遠 内藤家・延岡藩分家 譜代 33千石【雁間】子爵 ☆内藤清枚が1691年高遠藩に入封し8代180余年在封
奥女中絵島囲み屋敷。蓮華寺。藩校進徳館。四脚門。高遠藩内藤家菩提寺の太宗寺。東京の新宿名称は内藤家中屋敷あった「内藤新宿」から 
 高遠藩探訪歴:昭和61年5月探訪・/平成9年春も桜満開/同26年4月更新  高遠藩 

<有名人の墓

<小さな城下町

<幕末275藩

伊那市高遠の蓮華寺、絵島の墓前にて  昭和61年5月 絵島の囲屋敷
絵島(1681-1741) 大奥老女、山村座生島新五郎と浮名を流し高遠藩流罪。
1714年4月、絵島は高遠に流刑となり、生島新五郎は三宅島に遠島となった。事件に連座して罰せられたものは、千数百人を数えたという。幽閉28年の後、高遠藩の城下花畑の囲屋敷で病死した。享年61才。

高遠城の満開のこひがん桜を見に行った折に、絵島の墓に詣でた。忠犬だいちゃんは5才。
絵島の墓
※一口メモ:@高遠藩の藩主変遷:保科家→鳥居家除封→1691年、内藤家が摂津富田林から高遠藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の高遠藩:維新時の高遠藩は日和見で恭順の意が遅れた。そのため藩主は謹慎を命じられた。その後の高遠藩は各地に出兵(高遠藩から127名出兵)させた。  
高遠藩、高遠城四脚門
高遠藩の藩校、進徳館:昭和61年5月
高遠藩内藤家の菩提寺&墓所の太宗寺  2014.04参詣 新宿
          高遠藩、こひがん桜の高遠城址                         高遠藩、 愛犬、だい