高槻藩:高槻城
高槻藩/高槻城:摂津(大阪)高槻市 永井家 譜代 36千石【雁間】子爵            ☆永井直清が1649年、高槻藩に入封し13代220年在封
高槻城址本丸は槻の木高(城址公園)。 高槻城移築城門/本行寺。  高槻藩永井家菩提寺の悲田院参詣H17.04
高槻藩探訪歴:平成8年3月探訪/同19年12月再訪/同26年7月更新  高槻藩の別家:美濃加納藩32千石・大和櫛羅藩10千石
        *高槻城は戦国時代、キリシタン大名の高山右近が居城としていた。城内に教会、学校を建てるなどして、
          キリスト教の布教、保護に尽力した。(高山右近:1552年-1615年。 バテレン追放令で領地を捨てる。1588年、
          金沢前田家の扶持を受けるが1614年、国外(マニラ)追放され翌年死亡した)
                            

※一口メモ:
@高槻藩の藩主変遷:新庄家除封→内藤家→土岐家→松平家(形原)→岡部家→松平家→1649年、永井家が山城長岡から高槻藩に入封。
A幕末維新時の高槻藩:維新時の高槻藩は鳥羽伏見の戦い(慶応4年1月)で幕府軍が敗れたのちに新政府軍に恭順した。
          
                                           

高槻藩永井家菩提寺の悲田院と歴代藩主&一族の墓//京都の町が一望される。H17.04参詣
高槻藩、高槻城址
高槻藩、高槻城高麗門/本行寺
高槻藩の城下にある移築の町家
出丸町界隈の高槻藩の武家屋敷/11年後再訪の屋敷は廃屋?