多古藩:多古陣屋
多古藩/多古陣屋:下総(千葉)多古町 久松松平家 譜代 12千石【菊間】子爵     ☆松平勝以が1713年多古藩立藩し8代150余年在封
 多古藩の陣屋跡は多古第一小学校     多古藩久松家菩提寺の妙興寺  
                    多古藩探訪歴 平成8年7月大ちゃんと探訪/同17年7月再訪/同26年7月更新 多古藩
多古藩の陣屋跡の多古第一小学校      
                 多古藩陣屋の土塁 日蓮宗の壇林(学問所)であった日本寺/紫陽花の参道 
              多古藩久松家菩提寺の妙興寺                多古藩の藩主墓所(6代勝権と8代勝慈)、他の藩主は巣鴨の白泉寺
※一口メ
@多古藩久松松平家とは:家康の生母「於大の方」が久松利勝と再婚した。二男の康俊系が多古藩久松家の始祖である。(三男の定勝系が松山藩15万石である)。 
A多古藩は天正18年(1590)、徳川氏の関東移封に伴い、保科正光が多古において1万石を与えられたが慶長5年(1600)に高遠藩に移封なり、多古藩は廃藩となった。寛永12年(1635)8千石の旗本、久松氏が多古に陣屋を構築した。正徳3年(1713)大阪定番に昇進した時に加増されて諸侯に列して12千石の多古藩を立藩した。
B幕末維新時の多古藩:小藩の多古藩は時勢の赴くまま新政府軍に恭順した(多古藩から70名出兵)。