田丸城
田丸城石垣
三層天守があった田丸城天守台あと
Back
田丸城富士見門                                江戸時代中期頃の田丸城の絵図
田丸城天守台からの眺望
田丸城大手虎口
田丸城大手門跡と堀
田丸城:三重県度会郡玉城町田丸   田丸城探訪:2013.05お伊勢さん参詣A
 田丸城は南北朝時代に南朝方の拠点として北畠親房によって築かれた平山城。かつての城内に、玉城町役場及び玉城中学校がある。
戦国時代には織田信長の伊勢侵攻に伴い北畠具教の養嗣子となった織田信雄の居城として天正3年(1575)に大改築され、田丸城は三層の天守を備えた近世城郭へと生まれ変わるが、5年後に火災で天守を焼失。織田信雄は松ケ城へと移った。その後の田丸城は蒲生氏、稲葉氏、藤堂氏と主は変わるが、最終的に元和5年(1619)、紀州徳川家(紀州藩55万石)の所領となる。付家老の久野宗成に1万石を与え、田丸城城主として田丸領6万石を領させた。(久野氏は紀州藩付家老のため田丸城には城代)。 

田丸城石垣