田辺藩:田辺城
田辺藩/田辺城:丹後(京都)舞鶴市 牧野家 譜代 35千石【雁間】子爵        ☆牧野親成が1668年に田辺藩に入封し10代200年在封
田辺城城門・隅櫓復興。田辺藩の藩校門の明倫館門。 田辺城移築城門/見海寺・瑞光寺。 竹屋町・京口辺りの町並。 赤レンガ倉庫。 
    引揚船の岸壁。  田辺藩牧野家菩提寺の勝願寺/埼玉県・鴻巣市/平成19年3月参詣。
 
 田辺藩探訪歴:平成3年9月探訪/同8年12月再・同19年5月再訪③/同26年7月更新  田辺藩
田辺藩牧野家累代の墓、菩提寺の勝願寺/埼玉県鴻巣市(H19.03参詣)☆始祖の牧野康成が1590年、武蔵国石戸で5千石。その後加増を受け武蔵国石戸藩11千石⇒1644年、関宿藩・・・・と初期の段階は関東だったから菩提寺、墓所は石戸藩(鴻巣市含む)にある。
田辺藩の牧野家別系統として 宗藩:越後長岡藩74千石⇒支藩:常陸笠間藩80千石 ・信濃小諸藩15千石 ・越後三根山藩11千石
Back

※一口メモ:①田辺藩の藩主変遷:京極家→牧野家が寛文8年(1668年)摂津から田辺藩に入封し藩主家が定着
②幕末維新時の田辺藩:鳥羽伏見の戦い後、田辺藩は新政府軍に恭順の意を表した。
田辺城は織田信長からこの地を与えられた細川藤孝が天正7年(1579)、畿内に近く交通の要所であった加佐郡田辺の地に、田辺城を築き、丹後経営の中心とした。隠居後は、子の忠興を入城させた。関ヶ原の戦い(1600)では、た細川忠興は西軍の誘いを退け、東軍に与した。 隠居していた藤孝は自分の居城である宮津城を焼き払い、田辺城に入城し西軍を迎え撃った。田辺城は西軍の15千人もの大軍で包囲され、50日にも及ぶ長期戦となった。弾薬が尽きた藤孝は自身のもつ「古今伝授の書」が戦火で焼失されるのを恐れ、後陽成天皇に献上した。藤孝の戦死を憂いた後陽成天皇の仲介で西軍は攻撃をやめ命を助けられた。田辺城を開城した藤孝は敵将前田茂勝の丹波亀山城に入った。この後細川忠興は小倉に転封され、京極高知が田辺城に入城した

♪母は来ました、今日も来た♪ 「岸壁の母」で知られる引揚げの町、舞鶴。昭和20年10月から13年間にわたり、
60万人以上の引揚者と16千柱の遺骨を受け入れた、舞鶴の引揚船の岸壁  
田辺藩の校門/明倫小学校                         田辺藩の城下、竹屋町・京口の町並み
田辺藩の田辺城城門・隅櫓復興
田辺藩、田辺城移築門/見海寺                        田辺藩、田辺城移築門/瑞光寺