田辺藩/紀州
田辺藩:和歌山県田辺市 安藤家38千石 【無席】   明治維新時に男爵  田辺藩 紀州藩付家老
 田辺城水門跡。田辺藩安藤家縁海蔵寺。弁慶の産湯井戸。闘鶏神社。南方熊楠生誕地   田辺藩探訪歴:平成16年9月探訪/同26年7月更新
弁慶の産湯井戸/田辺藩城下
田辺藩安藤家海蔵寺

※一口メモ:
@田辺藩安藤家とは:家康の旗奉行、安藤基能(三方ケ原の戦いで討死)の長男、直次が家康に見込まれて徳川頼宣の付家老となった。尚、二男
 の重信の子孫は平藩主。
A慶応4年1月(1868年)、紀州藩付家老、安藤直祐が諸侯に列せられ田辺藩を立藩した。同じ紀州藩付家老水野家、尾張藩付家老の成瀬家・竹
 腰家、水戸藩付家老の中山家も同時に立藩した。
B幕末の田辺藩(田辺城主):幕末の田辺藩(田辺城主)の安藤直祐は第二次長州征伐に千人を率いて参戦したが、戦意なく退却したので、蟄居
 となった。

田辺藩、田辺城水門跡/唯一つの城遺構
田辺藩、闘鶏神社