田中藩:田中城

(田中藩の城下にて)

田中藩下屋敷庭園
田中藩/田中城:駿河(静岡)藤枝 本多家 譜代 40千石【雁間】子爵  本多正矩が1730年、田中藩に入封し7代130余年在封  藤心陣屋
田中城址は西益津小学校 2の丸堀一部有り 田中藩本多家菩提寺の連生寺 田中藩下屋敷庭園 平成11年4月探訪/13年10月再訪/同26年3月更新

※一口メモ:@田中藩の藩主変遷:酒井家→駿府領→松平家(桜井)→水野家→松平家(藤井)→北条家→西尾家→酒井家除封→土屋家→太田家 →内藤家→土岐家→1730年、本多家が沼田から田中藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の田中藩:維新時の田中藩の藩主は駿府城代であった。城の受け取りで尾張藩の説得を受け入れて、城を明け渡し、新政府軍の一員として江戸攻めに加わった(田中藩から45名出兵したが、上野の彰義隊に参加する者もでた)。
B田中城は駿河の今川氏が天文6年(1537))築いた城郭だが、武田信玄に永禄13年(1570)に攻め落とされた。それ以降は、三河の徳川氏に対抗する駿河西部の城砦網の要として重要視された。しかし天正10年(1582)徳川勢により落城した。慶長6年(1601)酒井氏が田中城に入城し城域を拡張した。 尚、徳川家康の死因とも言われている鯛の天ぷらを食したのはこの田中城である。

祭りに遭遇 ワッショイ
田中藩、田中城の絵図
田中藩本多家菩提寺の連生寺                          田中藩本多家の歴代藩主の改葬墓
田中藩、田中城址の西益津小にあるお堀跡