棚倉藩
棚倉藩:陸奥(福島棚倉町 阿部家・福山藩分家 譜代 100千石【雁間】子爵     ☆阿部正静が慶応2年(1866年)棚倉藩に入封し明治維新
棚倉藩は、藩主家の異動が多かった。長久寺の棚倉城移築城門。 都都古和気神社 棚倉藩阿部家菩提寺の松平西福寺と多磨霊園の藩主墓
棚倉藩探訪歴:昭和59年5月探訪/平成9年11月/同18年11月再訪B/同26年7月更新 棚倉藩阿部家の宗家:福山藩110千石・佐貫藩16千石

※一口メモ
@棚倉藩の藩主変遷:立花家→丹羽家→内藤家→太田家→越智松平家→小笠原家→井上家→松井松平家→1866年、阿部家が白河から棚倉藩に入封し、2年で明治維新。
A幕末維新時の棚倉藩:維新時の棚倉藩は奥羽越列藩同盟に参加し、奮戦したが、新政府軍に降伏し藩主、正静(18才)は引退し叔父が藩主となった。
戦後の論功行賞で棚倉藩は
4万石減封された。
B棚倉城は立花氏の後を受け元和6年(1620)に棚倉藩に5万石で入封した丹羽長重は、それまでの山地の城を避け棚倉盆地の中央にあった都都古和気神社を遷宮しその跡地に棚倉城を寛永2年(1925)築城した。それ以後は棚倉藩の藩庁が置かれた。棚倉藩には譜代大名の転封を繰り返した後、最終的には慶応2年(1866)に阿部氏が6万石で入封した。棚倉藩は奥羽越列藩同盟に加盟したため、戊辰戦争で板垣退助率いる政府軍800名の攻撃を受け、わずか1日で落城した。

棚倉藩城下に鎮座の陸奥一ノ宮の都都古和気神社
棚倉藩、棚倉城の移築門/長久寺
棚倉藩、棚倉城築城以前から城内にあった 大ケヤキ
    棚倉藩、棚倉城
棚倉藩阿部家菩提寺の松平西福寺/蔵前、都会の波に飲みこまれ・・・昭和3年、多磨霊園に歴代藩主墓を改葬。2005.03参詣