田野口藩/龍岡城

幕末の数年間(1863年居を移す)だけで、それ以外は、奥殿陣屋/岡崎市にいた。従って、奥殿陣屋裏に田野口藩松平家の墓がある/H17.04参詣。

田野口藩/龍岡城:信濃(長野)佐久市臼田 大給松平家・西尾藩分家 譜代 16千石【菊間】子爵
    大名城址で唯一の五稜郭城址。 台所櫓。移築城門/薬師寺。田野口藩松平家墓所は奥殿陣屋/岡崎市 H17.04参詣       田野口藩 
                 田野口藩探訪歴:昭和62年盛夏探訪/平成17年9月再訪B/26年6月更新
※一口メモ:@田野口藩大給松平家とは:大給松平家乗(西尾藩祖)の弟、直次系統で、子の乗次が貞享元年(1684)に大坂定番に昇進し6千石から1万石加増されて16千石となり諸侯に列した。岡崎市内の奥殿に長くいたが、幕末に田野口に居を移した。
A幕末維新時の田野口藩:維新時の田野口藩は新政府軍(東征軍)への恭順が遅れ謹慎させられたが、その後、田野口藩は北越へ84名出兵し、4名の戦死者を出した。戦後の論功行賞で
賞典金5千両を賜った。
                                      Back         <戻 る 
田野口藩の移築城門/薬師寺
薬師寺は寿命までピンピン元気に生きてコロッとあの世に行きたい方々がお参りするお地蔵様で有名。
田野口藩、昭和62年盛夏:忠犬だい
       田野口藩、五稜郭城址の龍岡城                              非常に珍しい田野口藩の台所櫓
龍岡城五稜郭は、函館五稜郭とともに日本に2つしかない五つの稜が星形に突き出た洋式城郭である。元治元年(1864)に着工し、函館五稜郭に3年遅れた、慶応3年(1867年)に藩主松平乗謨(のりかた)によって築かれた。  乗謨は、龍岡城五稜郭の築城に見られるように、洋学を積極的に取り入れたほか崩壊間近の幕閣にあって、老中格・陸軍総裁の要職にあった。 五稜郭は、実戦上、きわめて優れた城郭で、敵からの死角をなくすことができるという、守るに易く攻めるに難しい構造をもっていたが戦いはなかった。