館林藩:館林城
館林藩/館林城:上野(群馬)館林市 秋元家 譜代 60千石【雁間】子爵            ☆秋元志朝が1845年に館林藩に入封し2代20余年在封
館林城土橋門/復興   土塁の城  館林藩秋元家菩提寺の光厳寺/前橋  ぶんぶく茶釜の茂林寺   躑躅が丘公園H17.05 
                     館林藩探訪歴:平成6年7月探訪/同17年5月再訪/同26年7月更新   館林藩
館林藩、茂林寺の狸
館林藩、館林城址
館林藩、躑躅が丘公園H17.05
          館林藩秋元家菩提寺の秋元山光厳寺                      館林藩秋元家の藩主墓所/前橋 H17.12参詣。 
                       
秋元家は慶長6年(1601)この地(上野国総社藩)で1万石の諸侯に列した。 
 ※一口メモ
@館林藩の藩主変遷:榊原家→松平家(大給)→徳川綱吉→松平家(越智)→大田家→松平家(越智・再封)→井上家→1845年、秋元家が山形から館林藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の館林藩:維新時の館林藩の藩論は勤王に統一され、仙台まで出兵(1097人・戦死者39人)させた。戦後の論功行賞で館林藩は
賞典禄1万石を賜った。