館山藩:館山陣屋  
館山藩/館山陣屋: 安房(千葉)館山市 稲葉家・淀藩分家 譜代 10千石【菊間】子爵   ☆稲葉正明が1781年に館山藩に入封し5代87年在封
館山藩の陣屋跡は館山城址の南麓/館山582貴美稲荷。  春日局子孫。  館山藩稲葉家墓所の鱗祥院。
館山藩探訪歴:平成9年12月探訪/同21年8月再訪/同26年8月更新 館山藩
                     館山藩稲葉家菩提寺の鱗祥院と改葬墓(昭和10年合葬と記述あり)(春日局の菩提寺、墓所でもある)
館山城は館山藩里見家12万石の城。戦国の雄、里見家は大久保長安事件で連座し、実質改易廃城(慶長19年)。最後の藩主は鳥取県倉吉に配流。
戦国の雄、里見家の本拠の館山城址は博物館の城がある 館山城址の一角に「里見八義士」の墓がある
<館山藩12万石里見忠義は鳥取に配流>

陣屋跡↑

※一口メモ:@館山藩稲葉家とは:淀藩稲葉家の分家である。春日局の子、正勝系統で稲葉正員が分地で天和3年(1683)、2千石の旗本となった。その後、正明の時に加増により諸侯に列した。居所を館山に定め館山藩が成立した。 
A幕末維新時の館山藩:維新時の館山藩は藩論がたやすく纏まらず、幕府側が前藩主(正巳)に圧力をかけ館山藩士の一部も幕府軍に参じるものが出た。このため、新政府軍から責められ、正巳は謹慎した。その後、館山藩は東北・箱館方面に出兵し、窮地を脱した(館山藩から55名出兵)。 


                                            
館山城