竜野藩:竜野城
竜野藩/龍野城:播磨(兵庫)たつの市 脇坂家 譜代51千石【帝鑑間】子爵         ☆脇坂安政が1672年に竜野藩に入封し190余年在封  
 播州の小京都  紅葉の驟遠亭  武家屋敷通り  如来寺界隈  そうめん「揖保の糸」  醤油の匂う町
 竜野藩脇坂家菩提寺の青原寺/中野:H17.07参詣  竜野藩の幕末2藩主以降は領地の小宅寺H17.09参詣⇒商工観光課さま教示
                竜野藩探訪歴:昭和58年8月探訪/平成8年11月/同17年9月再訪B/同26年7月更新  竜野藩

自販機で醤油を買う女房殿/竜野藩
※一口メモ:
@竜野藩の藩主変遷:池田家領地→本多家→小笠原家→天領→岡部家→天領→京極家→天領→1672年、脇坂家が信州飯田から竜野藩に入封。
A幕末維新時の竜野藩:維新時の竜野藩は鳥羽伏見の戦いのあと、新政府軍から、姫路藩追討の援軍を出すように命じられた。竜野藩から334名
 出兵した。
B竜野藩脇坂家とは:近江国東浅井郡脇坂野に居住し、その土地の名をとって脇坂と称したという。
脇坂安明は小谷城の戦国大名浅井氏に仕えた。 永禄12年(1569)、脇坂氏を継いだ安治は、羽柴秀吉に仕えて食禄 3石を与えられた。
元亀3年(1572)、信長軍と浅井・朝倉連合軍とが大津で戦い奮戦、戦後、 脇坂安治は秀吉から150石を与えられた。
 天正10年(1582)6月、明智光秀の謀反による本能寺の変で織田信長が斃れた。当時、備中にあった秀吉はとって返し、山崎の合戦で光秀を打ち破った。翌11年、柴田勝家と賤ヶ岳で対峙し滅ぼす。戦後、加藤清正・福島正則らとともに賤ヶ岳の七本槍に数えられ、秀吉から3千石を与えられた。天下人の秀吉のもと、安治は順調に出世を続けた。 天正13年(1585)、摂津国能勢郡において1万石を賜った。ついで大和高取城2万石、さらに淡路洲本城3万石と出世。天正14年((1586)に九州島津攻め・ 天正18年(1590)の小田原征伐・朝鮮出兵(水軍の大将)と出陣した。
 慶長5年(1600)、関ヶ原の合戦では秀吉の恩顧もあって最初西軍側であった。しかし、合戦中に東軍に転じるという「裏切り」を演じた。決戦後、命を受けて佐和山城攻めに加わり、所領の保全をえた。以後、徳川家康に仕え、慶長14年(1609)、伊予大洲53千石の領主となった。大坂の陣で豊臣家が滅んでのち、脇坂安元は信濃国飯田に転じ、寛文12年(1672)、播磨国竜野藩へ入封となった。         
                                    <幕末275藩      <小さな城下町
竜野藩、幕末の2藩主以降の菩提寺小宅寺と墓所
(竜野市商工観光課さま教示:H17.09参詣)
竜野藩、歴代藩主菩提寺の青原寺/東京中野と改葬墓
(竜野市商工観光課さま教示:H17.07参詣)
竜野藩寺町の如来寺界隈
竜野藩の武家屋敷通り
竜野藩、紅葉の驟遠亭
竜野藩、紅葉に彩られた竜野城

竜野藩の城下、町家の佇まい

三木露風生誕地で時報代わりの「赤とんぼ」のメロデイが流れていた。

平成17年の再訪は、小宅寺の参詣が主。昼食は「すくね茶屋」お薦めです。
 (女房の親友 上月町のWさん宅に宿泊)