好古園/姫路城
潮音斎
活水軒
 好古園/姫路城 :藩主お屋敷跡庭園で姫山原生林を借景とした池泉回遊式庭園                                   2008.11
 姫路城西御屋敷跡庭園「好古園」は、世界文化遺産・国宝の姫路城を借景に姫路市制100周年記念で、平成4年「池泉回遊式日本庭園」として開園した。発掘調査で確認された西御屋敷跡や武家屋敷、通路跡などを活かした庭園で、面積は約一万u。この西御屋敷は、4代城主の本多忠政(子孫は岡崎藩本多家)により造営されたもの。
18代城主の榊原政岑(子孫は高田藩榊原家)が新吉原から高尾太夫を落籍し、住ませたという西御屋敷跡に「御屋敷の庭」を、数奇屋建築の茶屋(双樹庵)、姫路城の眺めを取り入れた「流れの平庭」、(夏木の庭)、(築山池泉の庭)、江戸時代を偲ばせる築地塀・屋敷門・長屋門、渡り廊下で結ばれた(活水軒)・(潮音斎)がある。好古園の愛称は、酒井家が庭園の入口付近に移設した、藩校「好古堂」に因んで名付けられた。