偕楽園/水戸藩
梅の女王
水戸藩 偕楽園 日本三名園
最初に訪れたのは昭和48年3月(日光工場勤務時代)  平成19年3月再訪C
偕楽園は、第9代藩主徳川斉昭(烈公1800〜1860)が自ら造園構想を練り、創設したもので、特に好文亭については烈公がその位置や建設意匠を定めたと言われている。 天保12年(1841)4月から造園工事を行い、翌13年7月1日に開園となり、同月27日から公開された。 武士以外の者の入園については、初めは神官・修験・僧侶など宗教関係者に限られていましたが、次第に庶民一般にも及んでいった。
 小石川後楽園:東京都文京区。 水戸藩藩祖の頼房により作り始め2代光圀により完成した回遊式築山泉水庭園。      2008.02