後楽園/岡山藩
 岡山藩/後楽園 日本三名園                                                            2005.09再
楽園は、岡山藩2代藩主池田綱政が藩主の安らぎの場として作らせた庭園で、綱政の時代には、藩主の居間延養亭や園内に点在する建物の座敷から眺望を楽しむ庭だった。
 綱政の子継政は能舞台周辺の建物を改築し、園内中央に唯心山を築き、その麓に水路を巡らせ、沢の池と廉池軒の池を結ぶひょうたん池を掘らせた。又、倹約のため、園内に田畑を設けていた。現在の井田(せいでん)はその名残。
 また、江戸時代の後楽園は、藩主のお客をもてなす場、許しがあれば領民もはいれた。 後楽園は文化財保護法による特別名勝に指定され、江戸時代のおもかげを伝える庭園として
金沢の兼六園、水戸の偕楽園とあわせて「日本三公園」と称され、今では日本三名園として親しまれている。