紅葉渓庭園/養翠園
養翠園/紀州藩
養翠園は,文政元年(1818年)から8年をかけて10代藩主治宝が造営した西浜御殿の別邸で,徳川中期の代表的な池泉回遊式庭園です。
 中国の西湖を模したとされる三ツ橋などが架かり、曲線と直線が効果的に配置されている。また,海水を取り入れた池としても珍しい。
 数寄屋づくりの養翠亭や表千家の茶室も風情がある。 
 紅葉渓庭園/紀州藩
紅葉渓は、紀州徳川藩祖、頼宣が、西の丸御殿に築造したもので、昔から、紅葉渓の名で親しまれてきた。浅野時代に築かれた、内堀の一部と、伏虎山の山稜地形を、巧みに利用した、起伏の変化にとんだ庭で、護岸には、緑色や紫色などの紀州の名石で、豪快な石組みが施された、江戸時代初期に作庭された名園である。