栗林公園/高松藩
   栗林公園/高松藩        2007.12再訪

栗林公園は約370年前、当時の高松藩主であった生駒高俊の別邸として作られたことに始まり、その後、な水戸光圀の兄 松平頼重が高松に移封されて本格的な造園が施され、以降代々の藩主の丹精によって、完成された様式美を誇る天下の名園となった。背景の紫雲山を借景にした園内の13の築山と6つの池からなる。
敷地は約75ha。国の特別名勝