酒井氏庭園/庄内藩


酒井氏庭園は
庄内藩主酒井氏の旧御隠殿北面に残る築山泉水庭で国指定名勝。

    所在地 鶴岡市家中新町10-18
池の対岸築山の正面中腹に石を立てて庭景の中心とし、左手には枯滝を組み、その下部を荒磯風に仕立て、右手には出島を設けて深い入江を作ってある。
正確な作庭年代は不明であるが、江戸時代中期に行われた庭造書にみる書院庭園の様式と手法をよく残している。