識名園/沖縄
識名園
琉球王国の庭園は雨だった/2004.12
 識名園は、琉球王国の最大の別邸、国王一家の保養や中国皇帝の使者の接待の場にも利用された。
 寛政11年( 1799年)に造営され、その形式は池の廻りを歩きながら景色の移り変わりを楽しむことを目的とした「廻遊式庭園」。池の周辺に御殿、築山、花園などを配置。池には大小のアーチ橋が架かり、池の小島には中国風の六角堂が建てられるなど中国の影響も見られる。